次回11月11日のワークショップ

昨日は第44回ジャズワークショップでした。また、第3回「鍛錬編」も実施いたしました。

昨日の鍛錬編では、主にメロディのスウィング感、特に3連音符やバウンスする8分音符が、バンドアンサンブル全体にとっていかに重要かということを中心に行いました。単独の3連音符や8分音符のほか、拍のウラから入るタイや付点4分音符によるシンコペーションを演奏することが難しいことが理解できたかと思います。

続きを読む

広告