Do You Know What It Means To Miss New Orleans

基本データ

作曲年
1946年
作詞
Eddie DeLange (1904-1949)
作曲
Louis Alter (1902-1980)

参考音源

Billie Holiday (1947)
この曲の初演は1947年の映画New Orleansで、メイド役のホリデイがルイ・アームストロングと共演している。キーはF。
Louis Armstrong (1956) / The Great Chicago Concert
。キーはCではじまり途中でFに転調する。

曲目解説

キーをFとして解説する。

メロディとコード

1-2小節目

Holiday(1946)では、Fmaj7 C7 | Fmaj7 | としているが、Armstrong(1956)はFmaj7 C7 | Fmaj7 C7 | としている。

仮にArmstrong(1956)のように、1・2小節ともにC7を加えるとした場合、このC7は、C7(♯5)のように演奏される。イントロがこのコードの繰り返しになっていて、この部分も含めてよく聴くと、♯5の音が鳴っているのがわかる。これは一見♭13のように解釈することもできる。一般的に♭13は♭9を伴うとされているのだが、2小節目2拍目のメロディがDの音であり、これはC7に対して♮9にあたる。よって、細かいことをいうようだが、♭13というよりはやはり♯5と書いておくほうが誤解が少ないだろう。ここでスケールを想定するならホールトーンスケールということになるだろう。

5-6小節目

B♭maj7 Bdim | F/A D7 | となる。6小節目のトニックが第2転回形になることでベースのスムーズな上行をつくりだしている。この進行は古典的だが覚えておくとよいだろう。5小節目後半の♯IVdimはトニック・ディミニッシュIdimの転回形なので、スケールはディミニッシュ・スケールとなる。

31小節目

Holiday(1947)ではG7 C7としている。いっぽうArmstrong(1956)では、Gm7 C7 である。ここは好みだが、Gm7ではなくG7とするほうがやや和声的にストレスがかかって印象深い響きになる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中