I’ll Remember April

基本データ

作曲年
1941年
作詞
Don Raye (1909-1985)
Patricia Johnston (? – ?)
作曲
Gene De Paul (1919-1988)

参考音源

Bud Powell Trio (1947)
いくつかのコンピレーション盤やベスト盤にも収められている。冒頭の8小節などをラテンで演奏している。キーはG。
Charlie Parker With Strings (1950)
こちらはミディアム・スウィングで演奏。キーはG。
Clifford Brown and Max Roach Quintet at Basin Street (1956)
クリフォード・ブラウンは何度かこの曲を録音しているが(例えばDinah WahingtonのDinah Jams(1954)など)、この録音が公式に録音された最後のもの。ピアノの左手とベースのラインやイントロにおける管楽器のリフ、アップテンポのラテンとスウィングでの演奏は、こんにちのジャム・セッションでも定番の演奏方法になっている(ただしこの録音ではソロを一貫してスウィングで演奏しているが)。キーはG。
Sonny Rollins / A Night At The Village Vanguard Vol. 2 (1956)
ヴィレッジ・ヴァンガードでの実況盤。なお、このテイクではオリジナルLPには収録されていない。ラテンとスウィング、イントロにおけるリフなど、Brown-Roach(1956)のアイディアを踏襲している。ジャズ・スタンダードの定番の演奏方法が定着していく過程の一端をのぞくようで大変興味深い。キーはG。

曲目解説

1942年の喜劇映画Ride ‘Em Cowboyで初めて使われた。なお、この映画にはエラ・フィッツジェラルドがメイドのRudyという役で出演しているという。

ABA形式で、各セクションが16小節づつ、48小節が1コーラス。

メロディとコード

以下、キーをGとして説明する。

1-4小節目

基本的には、Gmaj7であるが、いくらか変化をつけることができる。

Parker(1950)は、3小節目をC7にしているし、同じく3小節目だけGdimにすることも可能だろう。

5-8小節目

ここも、基本的にGmである。Gm | Gm(♯5) | Gm6 | Gm(♯5) | のようにクリシェにするのが定番になっている。これは、おそらくBrown-Roach(1956)あたりの影響だろう。

また、代理コードC7(これはGmから派生したコードと考えることができよう)に置き換えることも可能。

11小節目

細かい話であるが、Bm7かBm7(♭5)かは、好みが分かれるところ。

17-32小節目

特に議論するほどのことはない。B♭、GそしてEへと転調していく。楽器によっては難しいキーなので、スケール練習をよくしておくこと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中