Isn’t It Romantic?

基本データ

作曲年
1932年
作曲
Richard Rodgers (1902-1979)
作詞
Lorenz Hart (1895-1943)

参考音源

Coleman Hawkins Allstars (1947)
マイルス・デイヴィスやカイ・ウィンディングなど4管編成による録音。ホーキンスは新しいもの好きだったようで、この録音もやや実験的なサウンドやハーモニーとなっていることがわかる。キーはG。
Ella Fitzgerald / Rodgers And Hart Songbook (1956)
ゆったりしたテンポで演奏される。キーはA♭。
Carmen McRae / Book of Ballads (1958)
こちらもテンポはゆっくり。キーはC。
Bill Evans / At Shelly’s Manne-Hole (1963)
チャック・イスラエルズ、ラリー・バンカーによる実況盤。キーはE♭。

曲目解説

1948年の映画Love Me Tonightの挿入歌。また、曲名と同じタイトルの映画の主題歌として使われた。

メロディとコード

キーをE♭として説明する。

1-6小節目

様々なコード進行が可能である。特にスローテンポで演奏するようなときには、できれば手元の曲集のテンポを鵜呑みにするのではなく、いろいろな録音を聴き比べて頂きたい。

2拍ずつ、いわゆる「イチ・ロク・ニ・ゴ」の繰り返しでも構わないが、3-4小節目については、E♭maj7 B♭7(♯5) | E♭maj7 B♭7 | が原曲に近いようだ(Fitzgerald 1956や、同年のアート・テイタムの録音)。

また、Evans(1963)の5小節目のG7 Cm7 というのもなかなか思いつかない。

16小節目

1-2小拍目のメロディがD♭となっていることに注意。したがって、ここのコードはしっかり吟味する必要がある。例えばB7(厳密にはC♭7と書くべきかもしれない)など。3-4拍目はB♭7で構わない。

広告