Lady Bird

基本データ

作曲年
1947年(1939年頃という説もあり)
作曲
Tadd Dameron (1917-1965)

参考音源

Tadd Dameron Sextet with Fats Navarro (1948)
初録音と思われる。タッド・ダメロンあるいはファッツ・ナヴァロ名義のアルバムに収められている。キーはC。
Art Blakey and the Jazz Messengers / At the Cafe Bohemia, Vol. 1 (1955)
後テーマはHalf Nelsonになっている。キーはC。
Chet Baker In Milan (1959)
イタリアのミュージシャンを交えたセクステットの演奏。キーはC。

曲目解説

作編曲家でピアニストのタッド・ダメロンによる16小節の曲。この曲のコントラファクトにマイルス・デイビスのHalf Nelsonがある(ほかにも何かあった気がするが思い出せない)。

シャウト・コーラスは、前半8小節(と少し)だけ書かれており、後半はベースやドラムのソロとすることが多い(Dameron(1948)ではピアノ・ソロ)。

メロディとコード

キーをCとして解説する。

3-4小節目

機能的にはサブドミナント・マイナーである。メジャー・キーであるがメロディからFm7 B♭7としてよい。

7-8小節目

9小節目のA♭maj7に向かう。

メロディとマッチするのは、B♭m7 E♭7である(初録音では8小節目の前半をE7としているがそれほどこだわらなくてもよいかもしれない)。

ソロ中も、B♭m7 E♭7のままで演奏する録音もあるが、Dameron(1948)も含めてBm7 E7 | B♭m7 E♭7 | とするケースが一般的のように思う。

15-16小節目

いわゆるタッド・ダメロン・ターンアラウンドで、Cmaj7 E♭maj7 | A♭maj7 D♭maj7 | となっている。

ところが、Dameron(1948)を聞く限りベースは必ずしもこのように弾いていない。今でいうアッパー・ストラクチャー(あるいはポリコードの上のほう)がこのシーケンスになっていて、それが独立したというのが真相かもしれない。どう思われますか?

広告