The Lady Is A Tramp

基本データ

作曲年
1937年
作曲
Richard Rodgers (1902-1979)
作詞
Lorenz Hart (1895-1943)(

参考音源

Anita O’day / Collates(1953)
ヴァースをテンポ・ルバートで歌ったのち、コーラスからアップテンポで歌う。キーはG。
Ella Fitzgerald Sings Rodgers & Hart Songbook(1956)
これもヴァースから。キーはG。

曲目解説

コーラスはAABA形式であるが、最初と2回目のAが16小節、Bと3回目のAが8小節である。

メロディとコード

キーをCとして、コーラスについて説明する。

2小節目

メロディがB♭であり、一般にコードはE♭7とされるが、Cm7である場合もある。また、実際そのようなケースは見つけられなかったが、E♭m7とすることも可能でこの場合後半をA♭7とすることもできるだろう。

もちろん、6小節目なども同様である。

33小節目

ブリッジ(サビ)の最初の小節である。Fmaj7とDm7のどちらの録音もある。

43-44小節目

シンブルにDm7 | E7 | とするケースと、Dm7 Dm7/C | Bm7(♭5) E7 | とするケースがある。

広告