More Than You Know

基本データ

作曲年
1929年
作曲
Vincent Youmans (1898-1946)
作詞
Edward Eliscu (1902-1998)
Billy Rose (1899-1966)

参考音源

Billy Holiday (1939)
多くのコンピレーション盤に収録。ミディアム・テンポでキーはG。
Thelonious Monk-Sonny Rollins / Movin’ Out (1954)
こちらもミディアムテンポ。キーはA♭。
Ella Fitzgerald / Like Someone In Love (1957)
ヴァースから歌う。キーはG。
Sarah Vaughan / How Long Has This Been Going On? (1978)
こちらもヴァースから。ゆっくりとしたテンポで歌う。ヴァースのキーはEm(Gの平行調)だが、コーラスのキーはF、後テーマの途中でさらに半音上へ転調し同主マイナー(F♯マイナー)で終わる。ちなみにピアノはオスカー・ピーターソンで、凝ったアレンジは彼のアイディアかもしれない。

曲目解説

わずか36回の公演で打ち切りになったブロードウェイ・ミュージカルのGreat Dayの1曲。ショウとしては失敗で、かつ映画化も頓挫したが、レコードと楽譜はよく売れ、スタンダード・ナンバー入りしている。

メロディとコード

さまざまなキーで演奏されるが、以下、キーをCとして説明する(参考音源にはあげなかったが、Dexter Gordonなど、インストゥルメンタルではCで演奏されることも多い)。

2小節目

私が聴いたほぼすべての音源でC7(あるいはその変形)であった。理論的にはCmaj7 C7といった解釈も可能ではあるけれども。

4小節目

ほとんどの音源でDm7 Fm | としているが、Holiday(1939)がD7 Fmとしているのは興味深い。

5-6小節目

基本的にここはドミナントG7で、新しい録音になればなるほど変化をつける傾向にある。

15-16小節目

ここはメロディが主音(C)でのばしているだけなので、さまざまなハーモナイズが可能である。

Holiday(1939)はCmaj7 Fm | Cmaj7 B7 | のように一度サブドミナント・マイナーに進行している例もあれば、Vaughan(1978)は、Cmaj7 F7 | Cmaj7 / F♯m7(♭5) B7 || のように、IV7にしている(こうすると少しブルージーになる)。

Fitzgerald(1957)のように、Cmaj7 | Am7 B7 | のように、転調先のトゥ・ファイブではなく、IVm V7とする趣味も個人的には好きである。

17-19小節目

ここはEマイナーに転調しているのだが、かなりのバリエーションがある。

Holiday(1939) は素直にEm | Am7 | Em |とIm-IVm7-Imとしている。Fitzgerald(1957)も同様だが、2小節目をAm7/Eとしている。

もちろん、Em | F♯m7(♭5) B7 | Emとすることもできるが趣味の問題だろう。Vaughan(1978)はその変形の、Em | C7 B7 | Em | としている。

広告