On Green Dolphin Street

基本データ

作曲年
1947年
作曲
Bronislau Kaper (1902-1983)
作詞
Ned Washington (1901-1976)

参考音源

Miles Davis / ’58 Miles (1958)
。キーはE♭

曲目解説

1947年のヒット映画の主題歌。ただしサウンドトラックはあまりヒットせず、マイルス・デイヴィスが演奏したことでジャズ・スタンダード・ナンバー入りしたといってもよいだろう。

マイルスの演奏のように、[A][B][A][C]形式のうち、[A]部分をラテン風に演奏することが多い。

メロディとコード

以下、キーをE♭として説明する。

1-7小節目

ピアノソロなどで演奏されるイントロダクションでは、E♭maj7 | % | G♭maj7 | % | Fmaj7 | Emaj7 | E♭maj7 |などと演奏することがあるが、全体の合奏の場合、基本的に3-4小節目はE♭m7と解釈するべきではないかと思う。

なお、6小節目は、Emaj7(いわゆるナポリタン)であって、E7(ドミナントV7のトライトーン代理)ではない。これは、トニック・ペダルで演奏する場合には厳格である(ドミナントペダルで演奏することも可能)。

28小節目

Dm7(♭5) G7 と演奏することもあるが、あらためて聴いてみるとF7 F♯dim としている音源が多い。この機会にもう一度、聞き直してみよう。

広告