Tenderly

基本データ

作曲年
1946年(原型は1940年代初頭)
作曲
Walter Gross(1909-1967)
作詞
Jack Lawrence(1912-))

参考音源

Sarah Vaughan (1947)
作曲者ウォルター・グロスのプロデュースで録音される。キーはB♭。
Billie Holiday Sings (1952)
チャーリー・シェーバース、フリップ・フィリップスらとの演奏。キーはG。
Bill Evans / Everybody Digs Bill Evans (1958)
ギターのジム・ホールを迎えたカルテット。キーはE♭。

曲目解説

公式には1947年に出版されたが、原型となる曲は1940年代初頭には成立していたらしい。
4拍子で演奏されることも多いが、ここでは原曲の3拍子、キーはE♭として説明する。

メロディとコード

以下、キーをE♭として説明する。

6小節目

Vaughan (1947)を聴くとF7としていて、Holiday(1952)も同様である。ただし、3拍目ウラにC♭があるので、テンションとしては♭9、♮13となる。

なお、1950年頃よりサブドミナント・マイナーとして演奏することが多く(例えばOscar Peterson 1950年)、この場合メロディから、A♭m6やA♭mmaj7となる。

11-12小節目

ここの処理の仕方は、Fm7(♭5) | B♭7 / Bdim7 | 、Fm7(♭5) | B♭7 / G7 | 、Fm7(♭5) / Fm7(♭5)/E♭ | Dm7(♭5) / G7 | 、Fm7(♭5) | B♭7 Dm7(♭5) G7 | などいろいろあるが、機能的にはそれほど変わらない。

なお、25-26小節目もまったく同様である。

広告